国際経営 地球科学 環境エンジニアリング

GISサポート契約

プロジェクト内容:
GISの技術者やアナリストを派遣し、オンサイトで様々な業務を実施した。カスタマイズ地図の作成と印刷、空間データの編集、空間データの現場確認、GPS経由の空間データの収集、データの変換・フォーマット化、ジオデータベースの更新・保全、GIS分析等。


地理空間情報システムIT

プロジェクト内容:ArcSDE Cライブラリを使った拡張性のあるC#の.NET(ドットネット)ウェブサービスを構築。このウェブサービスでは、ArcSDEジオデータベースに接続され、特定のフィーチャクラスとパラメータから、インプットパラメータに、独自のXML形式でフィーチャ、頂上、フィーチャの属性内容を返す。このツールの主要機能は、XML形式のESRIのArcSDEから、要求されたフィーチャの空間形状や属性を引き出す>もので、現在のArcSDEと比較して、ソフトウェアプラットフォーム間で容易に再現・転送できるという特徴をも


オラクルHTML-DBアプリケーション

事業内容: オラクル10gデータベースのオラクルHTML-DBアプリケーションを作成し、ユーザーが既存のオラクルインターネットディレクトリ(OID)をブラウズし、OID構造への追加要求が可能となった。特に、OIDD LDIF世代のツールをユーザーにツリー構造で提供し、ディレクトリのナビゲート、追加提案がなされるグループの選択、検査と承認のためのLDIFテキストファイルの提出が可能となった。

 


住宅プロジェクト

事業内容:設計チームの主要メンバーとして、HIESのプロジェクトデザイナーが仕様と政府のコスト見積を作成した。また、100軒の住宅の有害物質調査およびマッピングを実施。この調査は、建物の改修開始に先立ち、改修が予定されている多様な住宅における有害物質関連の情報収集が目的であった。作業は、適用される米国EPAガイドラインに基づき実施された。


土壌の保全

事業内容:お客様に代わり土壌と樹木 の保全サービスデータを更新。GISデータ層を3日間で修正・分析し、最終日程に間に合わせることができた。

 

 

 


不動産サマリー・マッピング

事業内容:法定文書の調査情報に基づきデータを作成。GIS形式で土地区画資産の地理空間描写・マッピングを提供することが目的であった。

 


考古学的遺産保護標識

事業内容:  各標識位置の正確さを期すためにGIS技術を利用して標識設置戦略を構築。これにより、土地利用者が立入り禁止指定を認識して、標識の意図を理解・解釈できるようになった。


GISの環境報告作成

事業内容: 完了した環境アセスメントの地理空間図を作成するために、アスベスト、鉛系塗料等に関する報告書と連携してGISデータを作成した。これは、お客様がインターネット上でパソコンから簡単にデータにアクセス・閲覧できるようにすることが目的であった。

 

 


空間管理

事業内容空間の高さ形状のデジタル化および属性データの入力にあたり、お客様ご提供のジオリファレンス処理しないCADの平面図を背景として使用した。その大部分は既存の平面図から収集したもので、建物のフロアのデジタル化実績は、1000件に達した。